ホーム > 園長からのコメント > 令和3年度を迎えて

令和3年度を迎えて

早々に百花繚乱の春を迎え、今は柔らかな若葉が心を晴れやかにしてくれています。日頃より保育園の運営にご理解・ご協力いただきありがとうございます。皆様、いかがお過ごしですか?

 

 

保育園では3月31日に6歳児を見送り、4月1日に新入園児を迎え、新年度が始まりました。主に0歳児の子どもたちは、少しずつ慣れるように短時間からのスタートでした。初めての遊び着が嬉しい2歳児や、最終学年で個人机に座れるようになった5歳児と、園全体が喜びに満ちています。

 

 

この子どもたちが、制限がある中でも穏やかに過ごせるように、今年も工夫をしながら過ごしていきたいと考えています。七夕やお月見、伝承遊び等、季節の行事を大切に、共感しあえる空間にしたいですね。

 

 

園のいちごクラブでは、未就園の子どもたちも一時保育でお預かりしています。お問い合わせお待ちしております。

 

 

今年も心を込めて、かけがえのない命と向き合っていきます。共に成長を喜べるように努めていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

園 長  山 村 友 里