本園

分園

ホーム > 園長からのコメント > 6月は、本園も分園も誕生月

6月は、本園も分園も誕生月

皆様、こんにちは。

 

今年は、いちごが昨年より多く実ったので、きりん・ぱんだ・うさぎ組の子どもたちが、いちご狩りを楽しみました。そして、今は梅雨の季節。雲り空の隙間の青空を見つけようと空を仰ぐことも、濃くなっていく紫陽花を愛おしむことも、この時期ならではですね。

 

6月1日、お父さんやお母さんに抱かれたかわいい子どもたちをハートフルナーサリー分園ハーモニー入園式で、迎えました。いよいよ創立元年の子どもたちとの生活が、始まりました。0歳から2歳の子どもたちを、より家庭的な雰囲気でお預かりする工夫や生活リズムに合わせた部屋の配置でと考えてきたので、これから穏やかに過ごしていけることと思います。実は、本園も17年前の6月開園でしたので、6月には縁があります。雨の合間をぬって、早速、本園の子どもたちも分園に遊びに出かけていきました。本園でも分園でも変わらず、地域の子どもたちが健やかに育っていけるように保育していきます。

 

さて、もうすぐ「ほたるの集い&チャリティーコンサート2022」が開催されます。子どもたちや藹藹会利用者が演奏や歌、おにぎり等は調理員さんたち、駐車場やピストンバスは運転士さんたち、おかし釣り等は先生方が担当します。エヂュケアライズグループの皆と子どもたちが一緒に集えることがどんなに嬉しいことか、当日までの準備や練習ができるのも、こどもたちのお陰です。3年越しの開催で、園児や保護者の皆様にとっても、待ちに待った日になることでしょう。この経験がまた一つ子どもたちの成長の糧になっていくので、当日は、ご理解、ご協力をお願いいたします。

 

藹藹会では、ほたるが早々と舞っているようです。楽しみですね。

 

園 長  山 村 友 里