本園

分園

ホーム > イベントの様子 > おはなしキャラバンつぼみ座

おはなしキャラバンつぼみ座

9月15日(木)、おはなしキャラバンつぼみ座の方が来てくださいました。みんなが楽しみにしていた観劇会です。今年は、コロナ対策のため、2部制で行いました。2階の遊戯室が今日は、観劇会場です。

1部は、0.1.2歳児組と分園のハーモニーのお友だちが観賞しました。ペーパーシアターの「おおきなくちあけて」では、一緒に口をあける真似をしたり、パネルシアターの「かわいいかくれんぼ」では、ひよこが隠れるところをよーく見て、出てくると「いた!」と、喜んでいました。ペーパー亜シアターの「こぶたのさんぽ」や手遊びなど、子どもたちは一緒に手遊びをしたり、体を揺らしてリズムにのったり、とても楽しそうに観ていました。

2部は、幼児組です。ペーパーシアターの「だるまさん」では、「だるまさんが・・・」の後にいろいろな効果音が鳴り、子どもたちは大笑い。小さいころに読んだ「だるまさんが」の絵本を覚えていました。パネルシアターの「妖怪じーまん」では、いろいろな妖怪が出てきました。「なにかよーかい?」と、妖怪がダジャレを言うと、これまた大笑いです。人形劇は「くまのぱんやさん」でした。困っているお友だちがパン屋さんに来て、くまが作ってくれたパンを食べると、困ったことが解決できる話でした。真剣な顔で観ていたかと思うと、困ったことが解決すると、嬉しそうな表情をしていました。

楽しい観劇会も終わりを迎えます。きりん組のお友だちがお礼の言葉とメダルを渡しました。つぼみ座の方もとても喜んでくださり、子どもたちも嬉しそうです。

午後の保育室では、観劇会の中でやった手遊びをリクエストする子どもたち。みんなで、午後も盛り上がりました。楽しい観劇会をありがとうございました。また、来年も楽しみにしています!