かわいい分園
新設!
保育士募集中!

ホーム > イベントの様子 > ご修了おめでとうございます!

ご修了おめでとうございます!

3月12日(土)、保育証書授与式を行いました。

保護者の方と元気に登園してきました。担任の先生に、コサージュを付けてもらうと、満面の笑みで先生を見ていました。全員集まると、先生の話を聞き、式が始まるのを待っていました。

 

その頃、会場では6年間の思い出のスライドを保護者の方が見ていました。0.1.2歳児の時から現在の子どもたちを見て、保護者の方も職員も子どもたちの成長と思い出に目が潤んでしまいました。

そして、修了生入場。式が始まりました。子どもたちもたくさんの保護者の方、来賓の方に緊張している様子でした。保育証書を園長先生からもらう時には、とても凛々しい姿で、成長を感じました。園長先生の話をよく聞いていたり、理事長先生の話で実験をしてみたり、来賓の方の話でぬいぐるみのお友だちが来たりと、少しずつ場が和み、子どもたちに笑顔も見られるようになりました。

在園児からの言葉では、在園児と修了生が顔を見合わせながら話をしていました。修了生の言葉は、子どもたちも少し緊張気味です。しかし、保護者の方の顔を見ながら、思い出を振り返り言葉を発する子どもたちを見て、保護者の方も職員も涙を流しながら聞いていました。それを見た子どもたちも涙を流し、言葉が詰まってしまうこともありました。言葉や歌を聴いていると、子どもたちとの思い出がよみがえってきました。退場では、職員の演奏が流れる中、一人ずつ「大きくなったら」を話し、退場します。子どもたちは、担任の顔をしっかり見ていました。きっと、担任の先生は、子どもたちの成長に涙が止まらなかったことでしょう。

式は、あっという間でしたが、内容の濃い、素敵な式になりました。

次は、外で写真撮影です。子どもたちも笑顔が戻り、素敵な1枚になりました。

ここで先生たちからのサプライズ!みんなで子どもたちの今までの成長を喜ぶとともに、未来に向かって歩んでいく子どもたちの成長を願って、風船飛ばしを行いました。風船が見えると子どもたちも大はしゃぎです。「3.2.1.0!」で風船を飛ばしました。青い空に風船の華やかな色が映えます。みんなで風船が見えなくなるまで手を振っていました。今頃は、どこまでとんでいったのでしょうか?

保育証書授与式は、終わりです。これから、小学校へ行く子どもたちに、保育園からエールを送りたいと思います。

きりん組のお友だち、今までありがとう。ランドセル姿、見せに来てね!