ホーム > イベントの様子 > すいか割り・流しそうめん

すいか割り・流しそうめん

8月3日(火)、夏ならではの行事、すいか割りと流しそうめんを行いました。

最初は、すいか割りです。らっこ組はすいかのビーチボール、こあら・ぺんぎん組は先生たちお手製のすいかで、すいか割りです。成長に合わせて、先生たちと一緒に棒を持ってすいかをたたいたり、お友だちや先生たちに見守られながら自分でたたいたりと、楽しんでいました。

幼児組は、本物のすいかです。すいかを持っていくと「すいかだ!」とすいかを手で触ったり、たたいたりしていました。すいかをたたいた子は「いいおとがするよ」と、友だちとすいかをたたき、音をよく聞いていました。いよいよ、すいか割りが始まります。幼児組は、目隠しをします。うさぎ組は、初めての目隠しにドキドキしているようでした。ぱんだ組ときりん組は、すいかを割るぞ!と意気込んでいました。ぺんぎん組のお友だちも応援に駆け付けました。みんなで「がんばれ!」と応援したり「まっすぐ!」「もうちょっとみぎ」と、周りのお友だちは声をかけます。目隠しをしているお友だちは、お友だちや職員の声を聴きながら、進んでいました。途中、応援しているお友だちの方に来てしまい、「こっちじゃないよ!」と、みんなびっくりする場面もありましたが、すぐに方向転換をしていました。さて、今年はすいかが割れるでしょうか?

すいかは、ぱんだ組のお友だちが当てて、ひびが入り、次にきりん組のお友だちが当てて、下まで割れ目が入りました。最後は、先生が子どもたちに応援で気合が入り、ぱっくりと2つに割れました。みんな「やった!」「われたよ!」と、大喜びです。ぱんだ・きりん組は大喜びでお祝いの写真を撮りましたが、うさぎ組のお友だちは、頑張りすぎて少し疲れた様子でした・・・。

次は、流しそうめんです。1人ずつ、2回そうめんをすくいました。流れてくるそうめんを真剣に見て、一生懸命にとっていた、うさぎ組。コップのめんつゆまでに入れるまで、気を緩めることはできません。コップに入ると、「よかった」「できた」と嬉しそうな顔をしていました。そうめんの取り方も覚えていて、上手にすくっていた、ぱんだ組。オクラやきゅうり、にんじんも慣れた手つきでとっていた、きりん組。トマトは、コロコロとスピードが速く転がってしまい、なかなか取ることができませんでしたが、取れると「すごいね」と、みんなで喜んでいました。

日本ならではの夏の風物詩。友だちや先生と楽しく経験することができました。子どもたち、先生たちの夏の楽しい思い出が1つ増えました。