ホーム > イベントの様子 > やってみよう(レクリエーションデイ)

やってみよう(レクリエーションデイ)

5月15日(土)、レクリエーションデイを行いました。今年度のスローガンは「やってみよう」です。どんなことをやってみたのかな?

今年度は、幼稚園の園庭を借りて行いました。感染予防のため、間隔を開けて並んでいただき、検温、消毒をして会場内に入りました。

いよいよ入場行進が始まります。きりん組のお友だちと職員の演奏に合わせて、ぱんだ組とうさぎ組の子どもたちが入場しました。他のクラスのお友だちは、保護者の方と観覧席から参加しました。クラス名を呼ぶと「はーい!」と、元気に手を挙げていたお友だちもいました。

開会式は、きりん組のお友だちが司会や園児代表をしました。準備体操は「ぱわわぷたいそう」です。幼児組から小さいお友だちまでみんなで楽しく準備体操をしました。

最初の競技は、幼児組の徒競走と0.1.2歳児のかけっこです。みんなかけっこは、大得意。0歳児は、お父さんに抱っこされてビュィーンと飛行機のように飛んでゴールです。1歳児と2歳児は、保護者の方と手をつないだり、お友だちが走るあとを保護者の方が追いかけたりと、微笑ましい場面をたくさん見ることができました。幼児組になると、競争心が働き、真剣な表情に。年齢が上がるごとに、腕を振って、走り方のフォームもかっこよくなります。

 

次は、幼児組の障害物競争です。うさぎ組は、両足ジャンプ。ぱんだ組は、けんけんぱと一本橋。きりん組は、後ろ走りとジャンプと一本橋です。年齢ごとの成長がよくわかります。

次は、親子ダンスです。参加者全員で「キミに100パーセント」を踊りました。黄色のポンポンを持って、楽しく踊りました。保護者の方と一緒に踊る子どもたちの表情は、本当に嬉しそうですね。最後は、保護者の方にギュッと抱きしめてもらいました。

さぁ、次は職員競技です。年齢差○○歳!ベテラン先生たちも若い先生たちに負けないように一生懸命練習しました。曲は「Make you happy」です。途中、いろいろな跳び方での縄跳びやダブルダッチ、大繩跳びなどを披露しました。まだまだ、先生たちも元気モリモリです!

最後の競技は、きりん組の親子リレーです。子どもたちの間に保護者の方や職員も入りました。みんな真剣です。とてもいい勝負に、盛り上がりも最高潮!しかし、今回は大声で声援ができないので、拍手喝采でした。

閉会式です。きりん組の司会や園児代表で進みます。親子で楽しくレクリエーションデイができたことを喜びました。

みんな、よく頑張りました。最後に先生たちから、メダルとお土産をもらいました。子どもたちの笑顔は、本当に癒されます。私たちも笑顔になりますね。

今年度は、時間や競技数を減らしてのレクリエーションデイでしたが、保護者の方と一緒に行えたことは、子どもたちにとって、とても良い経験となりました。「やってみよう」大成功です!