かわいい分園
新設!
保育士募集中!

ホーム > イベントの様子 > レクリエーションデイ

レクリエーションデイ

5月14日(土)、レクリエーションデイを行いました。今年は、雨のためニューサンピア栃木で行いました。感染予防のため、0.1.2歳児と幼児組の2部構成です。

1部は0.1.2歳児です。保護者の方と一緒に受付をすませ、体育館に入ります。先生たちから楽しく参加できるよう、ポンポンをもらい、嬉しそうです。

保護者の方と一緒に入場行進でみんなで並んで歩いたり、準備体操では、毎朝体操している音楽で嬉しそうに体操したり、体を揺らしたり、手振りをしたりしていました。

いよいよ、競技が始まります。最初は、かけっこです。抱っこのかけっこ、手をつないでのかけっこと様々でした。遊びに来たリスのリッキーがゴールで応援していると・・・リッキーにびっくりしている子どもたちは、みんなでゴールテープの前でピタッと止まってしまい、ゴールできずに困ってしまう場面も!保護者の方と先生たちの声かけでなんとかゴールできました。とても微笑ましい光景でしたが、みんなが喜んでくれると思っていたリッキーは少し落ち込み気味でした。頑張れ、リッキー!大丈夫!喜んでいた子もいましたよ!

次の競技は、ふれあい遊び。保護者の方と一緒にたくさんスキンシップを取りながら、保育園で遊んでいるふれあい遊びをしました。先生とお友だちが見本です。安全点検をしながら、体のいろいろな部分を触れたり、「♪ジャングル ぐるぐる ぐるぐる たんけんたい たんけんたい~」と歌いながら、動物に変身したりなど、ギューッと抱き合ったり、たかいたかいをしてもらったり、おんぶをしたり、手を合わせたりと、たくさんコミュニケーションをとりました。保護者の方も子どもたちも笑顔で顔を見合わせる姿が多く、体育館の中は温かい雰囲気に包まれました。

2部は、幼児組です。入場行進は、子どもたちだけで行います。入場行進の曲は、きりん組のお友だちと先生方の演奏です。手を振り、足をあげ、さすが幼児組。ハートフィールドの方も一緒に参加していただきました。開会式は、きりん組のお友だちが司会や園児代表をしました。

準備体操は、保育園で毎朝行っている体操です。手もピッとあげたり、怪我をしないようにしっかり体操します。

最初の競技は、徒競走です。嬉しそうにゴールするうさぎ組のお友だちや真剣に走るぱんだ組やきりん組のお友だち。年齢が上がるにつれ、真剣さが増していました。

次は、障害物競争です。年齢によって、綱の上を落ちないように渡ったり、フープをジャンプしたり、カラーコーンをよけながらジグザグと走ったりとだんだん難しくなっていました。

次は、親子ダンスです。子どもたちは、保護者の方に「こうだよ」と教えていたり、保護者の方と一緒に踊ることができ、嬉しそうにしていたりと、みんなで楽しくダンスを踊ることができました。

次は、職員競技です。1部.2部と両方行いました。先生たちが毎年披露するダンス。今年は「ツバメ」です。親ツバメと子ツバメに分かれて踊りました。子ツバメは、親ツバメより少し優しいダンスのため、年齢層が高めでは・・・?子どもたちも頑張っているのだから、先生たちもみんなを楽しませたいのです!間違ってしまっていても、笑って楽しんでくださいね!途中、1.3年目の先生たちが、バスケットボールを披露。ドリブルをしたり、パスをつなげたり、最後はダンクシュート!かっこいい!最後は、円になってツバメを踊りました。一緒に踊っている子どもたちもいたり、保護者の方も温かく応援してくださいました。ありがとうございました。

最後は、きりん組の親子リレー。途中には、保育園の先生、今年の6月にできる分園の先生、クオーレの先生、ハートフィールドの職員の方、フューチャーグリップの職員の方なども入ってくださいました。リレーは、子どもたちも真剣ですが、大人も真剣。子どもたちも大人も応援に熱が入ります。最後は、デッドヒート。とても盛り上がりました。

楽しかったレクリエーションデイは、あっという間。最後は、先生たちからお土産とメダルをもらい、子どもたちもとても満足そうにしていました。とても充実した半日となりました。

今年のテーマは「げんきいっぱい」。子どもたちや保護者の方のたくさんの笑顔や体をたくさん動かし、まさに「げんきいっぱい」でした。ありがとうございました。