ホーム > イベントの様子 > 夏野菜おいしいね(収穫祭)

夏野菜おいしいね(収穫祭)

保育園に植えてある夏野菜で「ナポリタン」「夏野菜サラダ」「スープ」を作りました。エプロンと三角巾、マスクをしました。手を洗って、消毒をして、準備万端です。クッキングスタート!

うさぎ組は「スープ」と「夏野菜サラダ」のささみを割きます。最初は、ささみを割きました。先生の話をよく聞いて、みんなが食べやすい大きさに割いていきます。「このくらいでいいかな?」と、大きさを確かめていました。

次は、わかめともやしのスープです。乾燥わかめを見て「なんかちがうね」「ふりかけみたい」と、不思議そうにしながら、スープの中にわかめともやしを入れました。

おたまでスープを混ぜていると、「あれ?わかめがいつもどおりになってる!」と、驚く姿が見られました。大人は普通だと思っていることでも、子どもたちにとっては、魔法のように感じます。スープのできあがり。

ぱんだ組は「夏野菜サラダ」を作りました。どんな野菜を入れるのか先生の説明をよく聞いていました。きゅうりやおくら、ミニトマトをよく洗って、いよいよ包丁で切ります。「ねこのて」をみんなで練習してから、順番に切りました。包丁を持つと、大人になった気分です。最初は力んでしまう子もいましたが、切っていくうちに、力加減ができるようになってきました。ミニトマトは「ころがっちゃうね」と、転がらないようによくおさえ、気を付けて切っていました。オクラは「ねばねばしてる!」「なっとうたいそうしたからかな?」と、朝の納豆体操を思い出しながら、話をしていました。切った野菜とうさぎ組のお友だちが割いたささみをごまドレッシングで和えて、できあがり。

他のクラスの小さなお友だちも幼児組の収穫祭を見学に来ました。「ピーマン!」「トマト、あかいね」と、野菜をよく観察したり、包丁で切っている姿を静かに見ていました。

きりん組は、夏野菜がたっぷり入った「ナポリタン」を作りました。ピーマン、なす、トマトを洗い、みんなで切っていきました。先生と一緒に切りながら「おうちでもやってるよ」という子もいました。また、切りながら「ピーマンは、サクサクするね」と、切る感触が違うことにも気づいていました。野菜を全部切り終わると、今度は、ホットプレートで野菜を炒めました。やけどをしないように気を付けながら、「ジュージューおとがする」「まぜるとけむりがでてくるよ」「いいにおいでおなかがすいてきたね」と、五感をフル活用です。麺を入れて、ケチャップで味をつけて、できあがり。

「できたのみんなにたべてもらおう!」と、きりん組のお友だちが園長先生や他のクラスの先生たちにもおすそわけ。

みんなのお腹もぺこぺこです。みんなで「いただきます」。「うさぎぐみさんのスープ、おいしいね」「ナポリタン、おかわりしよう」「サラダもおいしい!」と、苦手な野菜もペロリ。全部食べ終わると、他のクラスに行って「おいしかったよ、ありがとう」と、お礼を言う姿も見られました。

保育園で採れた野菜、おいしかったね。夏野菜を植える、生長、収穫、調理、食べるという流れを知ることができ、その間には、たくさんの手が加えられていることを学びました。食べ物を大切にしていきましょうね。収穫祭、大成功です!