本園

分園

ホーム > イベントの様子 > 自然体験学習3

自然体験学習3

2日目。朝のつどいを大広間で行いました。今日もきりん組のお友だちは、元気です。さぁ、朝ご飯を食べて、活動開始です。

今日は、幼稚園のお友だちのクラスに2~3人ずつ入れてもらい、活動します。幼稚園の大人数のクラスに入ると、みんな少し緊張気味ですが、幼稚園のお友だちと手をつないで歩いたり、話をしたりと、同じ活動をすることによって、共感し、友だちになっていきます。饅頭づくりでは、先生の説明をよく聞き、饅頭の皮を手のひらくらいまで伸ばし、真ん中にあんこを入れて丸めます。小麦粉を手に付け、皮が付かないように気を付けて伸ばしていきます。「このくらいかな?」と、手のひらの大きさになるとあんこをのせ、包んでいくことが少し難しい様子でしたが、両手をうまく使って優しく丸めていました。運転手さんに蒸かしてもらうと、おいしい饅頭の出来上がりです。みんなで食べると「おいしい!」「もっとたべたいね」と、友だちと嬉しそうに顔を見合わせていました。茶道では、保育園で覚えてきた作法を思い出しながら、お菓子を味わったり、抹茶をのんだりしていました。飲み終わると苦い顔をしている子や「おいしかった」という子など様々でしたが、日本ならではの作法を実践し、五感を使っていろいろなことを感じていました。古峯園には大きな池があり、鯉が泳いでいます。鯉に餌をあげると、鯉がたくさん寄ってきて、口を開けて餌を待っています。子どもたちは、「このしろいこいにあげたいな」と、自分があげたい鯉をめがけて餌を投げたり、鯉をよく観察したりしていました。いろいろな友だちと活動すると、いつもと違うように感じることもあったと思います。

そろそろ古峯神社を帰る時間です。感謝のつどいを行いました。古峯神社の方に感謝の気持ちを伝えたり、活動でお世話になった施設の方に感謝を伝えました。

バスに乗って、保育園に帰ります。たくさん活動しましたが、みんなまだまだ元気です。保育園に戻り、お弁当をモリモリ食べていました。保護者の方がお迎えに来ると、子どもたちはとても嬉しそうに保護者の方の所へ行っていました。保護者の方も嬉しそうです。

2日間の自然体験学習でたくさんのことを体験し、感じ、友だちや先生と共感し、一回りも二回りも大きく成長した子どもたち。保護者の方から離れ、自分で行うことで、自信にも繋がりました。これからの生活の中で、この経験は大きな支えになると思います。友だちや先生と一緒によく頑張りました!