ホーム > イベントの様子 > 鬼は外!福は内!(2月誕生会・節分集会)

鬼は外!福は内!(2月誕生会・節分集会)

2月2日(火)、2月の誕生会と節分集会を行いました。

最初は、誕生会です。きりん組のお友だちが司会をし、会を進めていきました。

誕生児紹介では、好きな食べ物やおおきくなったら何になりたいかなど、インタビューに答えていました。ハッピーバースデイの歌でお祝いしてもらうと、照れながらも嬉しそうにしていました。おたんじょうびおめでとうございます!

次は、節分集会です。最初は、みんなで「まめまき」の歌を歌いました。

先生のお話で「節分クイズ」をしながら、節分についてのお話をしました。みんな真剣に話を聞いたり、手を挙げてクイズに答えたりと、楽しく節分について知ることができました。

「どんなお面を作ったの?」と聞くと、子どもたちが作った鬼のお面をかぶって「みてみて!」とみんなで見せ合っていました。すると・・・

遠くからドンドンと大きな足音が聞こえてきました。子どもたちは、ドアの方をじっと見ていると、次は、ドアがガタガタと揺れ始めました。子どもたちは、その場に固まってしまいました。その次の瞬間!!赤鬼と青鬼の登場です。

 

「キャーッ」と、泣き始めるぺんぎん組のお友だちがいる中、幼児組のお友だちが「おにはそと!」と一生懸命に豆を投げて追い払おうとしていました。それを見て、泣いていたお友だちも、保育士と一緒に勇気を振り絞り、豆を投げることができました。鬼もなかなか帰りません。子どもたちも負けじと豆を投げ続けます。豆も残りわずかになった、その時!

福の神がやってきて、柊鰯を鬼にかざし、鬼を追い払ってくれました。子どもたちは、ほっとした様子でその光景を見ていました。最後に、福の神からのお話を聞きました。

らっこ組は、鬼のお面をかぶると、鬼に変身していました。先生が鬼のお面をかぶってくると、先生をよく見ながら、豆に見立てた新聞紙を持って、エイっと投げていました。

こあら組は、ペープサートの鬼の話を聞き、鬼のお面をかぶって、ペープサートの鬼や鬼のお面をかぶった先生鬼に新聞紙豆を一生懸命投げていました。小さな鬼に当てようと、近くに行って、狙いを定めていました。

みんなの中にいる泣き虫鬼や怒りんぼ鬼、病気鬼も退散してくれたことでしょう。幸せが入ってくる年になるといいですね。