ホーム > イベントの様子 > もちつき大会

もちつき大会

 12月18日(水)、幼稚園と一緒にもちつき大会を行いました。

 前日から、もちつきの準備が始まります。「もち米はどんなお米かな?」と、目でよく見たり、触ったり、においをかいだりしながら観察します。その後、もち米をみんなで順番に研ぎます。「おかあさんもやってるよ」と話をしながら、嬉しそうに研いでいました。もちつき当日まで水につけておきます。「おいしいおもちができるといいね」と、子どもたちも楽しみにしていました。

mochi1.JPG mochi2.JPG mochi3.JPG

 もちつき当日。朝から先生や幼稚園の先生、運転士さん、保護者の方、藹藹会の職員が火おこしや準備をしています。今年のおもちはどんな仕上がりになるでしょうか?

mochi20.JPG

 子どもたちも外に出てきて、どんなふうにできるのか観察です。2歳児も、もち米を蒸すところを見にいきました。さぁ、もち米がどんな風に変わっていくのでしょうか?

mochi5.jpg

 ふかしたてのもち米を配ってもらい、おもちになる前の味見です。「やわらかいね」「あまいね」「いいにおい!」と、嬉しそうに食べていました。さて、ここからどんな風におもちになっていくのか?味は変わるのか?楽しみです。

mochi6.JPG mochi7.JPG mochi8.JPG

 もち米をつぶし、もちつきが始まります。自衛隊の方も手伝いに来てくださいました。つくたびに「よいしょ!よいしょ!」と、掛け声をかけます。子どもたちの気分も盛り上がってきました。子どもたちも杵を持ち、「おいしいおもちになってね」と一緒にもちをつきました。0.1歳児もその様子をじーっと見ていました。

mochi10.JPG mochi12.JPG mochi13.JPG mochi14.JPG mochi11.JPG mochi9.jpg

 つきあがったおもちは、先生たちが丸め、あんこにからめ、給食で食べました。「さっきのおもちだ!」と、嬉しそうによく噛みながら食べていました。「おいしいね!」「やわらかいね」と、友だちと話していました。

mochi15.jpg

 日本の伝統文化を知り、体験をすることができた1日となりました。日本ならではの文化をこれからも大切にしていきたいと思います。