ホーム > スタッフの玉手箱 > こあら組 長谷川 雨の日も楽しいよ 

こあら組 長谷川 雨の日も楽しいよ 

梅雨に入り、どんよりとした雨模様の日や朝から雨という日も次第に多くなってきましたが、子どもたちは、戸外遊びだけでなく、室内でもマット遊びやダンス、絵本の読み聞かせや製作など、いろいろな活動を楽しんでいます。窓越しに、しとしとと優しく降る雨やザーザー音を立てて激しく降る雨を目で確かめたり、音の強弱を耳で感じるなど、雨の変化を楽しむ子どもたち。時には、どこからか「ゲロゲロ、ゲロゲロ」とかえるの鳴き声が聞こえてくることもあり、みんな大喜びです。「♪かえるの歌」を歌いながら、ピョンピョン可愛くジャンプをしたり、「あっ、かえる」と言って、壁面を指差し、ニコニコ嬉しそうに笑う姿がとても微笑ましく感じます。園庭の花壇には、あじさいの花も咲き始めました。かえるは時々、園に顔を見せてくれ、子どもたちに囲まれて大人気ですが、かたつむりは、残念ながらまだ発見したことがありません。「かたつむり、いつくるかな?」と子どもたちも心待ちにしています。いつか、かたつむりも園に遊びに来てくれると嬉しいですね。雨上がりの葉っぱの上のキラキラ輝く雨の雫や水たまりなども、子どもたちにとってはとても魅力的なようで、様々な発見が出来、楽しいようです。これからも、自然との触れ合いを大切にしながら、いろいろな事を見たり、聞いたり、感じたりしていってほしいと思います。

次は、山本先生です。お楽しみに。