ホーム > スタッフの玉手箱 > らっこ組 須藤 秋の訪れ

らっこ組 須藤 秋の訪れ

11月になり、朝晩の冷え込みが一段と厳しくなってきました。らっこ組では戸外へ出るときに上着を着て帽子をかぶりますが、自分の物と分かると保育士の所まで持ってきてくれます。園庭では、風が吹くと落ち葉がカサカサと音を立てている様子を不思議そうに見ていたり、落ち葉を拾って触ってみたり、五感で秋を感じています。また、泣いている友だちを気にかけたり、おもちゃや場所を貸したりする姿も見られ、日々の成長のスピードに驚いています。体調を崩しやすい時期ですので、子どもたちの様子や変化にいち早く気づくように見守っていきたいと思います。

次は柳先生です。お楽しみに。