先輩保育士の
インタビュー

ホーム > スタッフの玉手箱 > こあら組 宇賀神 やってみよう

こあら組 宇賀神 やってみよう

進級、入園して早4ヵ月が経ちました。泣いて登園していた子も最近では元気に登園できるようになり、保育士にも「おはよう」と笑顔で声をかけてくれる姿が見られます。戸外活動で遊んだ後やお昼寝の前には毎日着替えをしています。最初の頃は保育士に脱がせてもらうことが多かったのですが、最近では自分でズボンを上げたり、靴下を脱いだりと自分の力で頑張ってやってみようとする姿が見られます。手伝おうとすると自らズボンの端を持って引き上げようとしたり、「じぶんでやってみる?」と声をかけると「うん」と頷き一生懸命頑張ってやってみたりと、できた時の笑顔はとてもキラキラしています。だんだんできることが増えていく頃ですね。これからも子ども達のやりたい、やってみようの気持ちを大切に援助していきたいと思います。

次は田中先生です。お楽しみに☆