先輩保育士の
インタビュー

ホーム > スタッフの玉手箱 > いちごクラブ 大貫 夏の思い出

いちごクラブ 大貫 夏の思い出

 朝晩の涼しさに、季節の移ろいを感じるようになってきました。

たくさん汗をかき、元気に過ごしたお友だちの顔も、少しお兄さんお姉さんになったように感じられます。

 秋の到来を前にこの夏を振り返り、一番最初に浮かんだことが「和太鼓」です!

昨年の夏に引き続き職員も和太鼓を教わる機会を頂き、きりん組さんと共に7月にはTBC学院の学祭の舞台に上がりました。

そして、先週の17日には、宝塾の皆さんのステージにも参加させて頂きました。

 プロの太鼓の響きは重く、振動として体に伝わってくる感覚にゾクゾクと鳥肌が立ちました。ほとばしる汗!真剣な表情!…かっこいい!!そんな感想が頭に浮かび、和太鼓の迫力に魅了されました。

 きりん組・ぱんだ組の子どもたちがバチを握る腕の動き、”ドンスドンコドン”を打つ難しさ…。実際に和太鼓に向かう時間を持つことが出来、達成感を味わえたと同時に、とても楽しかったです!

 11月の生活発表会では、きりん組・ぱんだ組の和太鼓発表もあります。どんな演奏になるのか、これから楽しみですね!

 次は、荻原先生です。お楽しみに!