ホーム > スタッフの玉手箱 > いちごクラブ 辻 梅雨

いちごクラブ 辻 梅雨

先週、梅雨入りをしましたね。日中は晴れて戸外で元気いっぱいに活動を行っています。しかし、沢山活動をして、ぐっすりと眠り起きてカーテンを開けると…「あめいっぱい!」「(テラスが)びしょびしょになってる!」と大はしゃぎのぺんぎん組の子どもたち。雷が鳴ると「こわい!」と窓から離れる子もいます。こあら組は、窓に張り付いて雨をじっと見る姿がとても可愛らしく、幼児組は雷が鳴ると、お腹がしまってあるか確認をしたり、「(かみなりのおとで)あかちゃん、ないてない?」と心配をしていました。

雨の日、雷の日だからこそ見れる子どもたちのヒトコマ。梅雨の時期の楽しみでもあります。

私自身、普段はめったにビニール傘は使わないのですが、大雨の日に使ってみました。布製の傘と違い透明なので頭上に雨が降ってくる様子が見え、童心に返ったようにワクワクしてしまいました。また、大人が子供用の傘をさし子どもが大人用の傘をさして歩く姿もあり、微笑ましさを感じました。これからも雨の日が続くと思います。たまには普段と違う傘を使ってみてはいかがでしょうか?

次は宇賀神先生です! お楽しみに。