ホーム > スタッフの玉手箱 > こあら組 宇賀神 晴れた日には

こあら組 宇賀神 晴れた日には

 雨の日が多い季節になり、なかなか外に遊びに行けない日が続いていますが、室内や戸外に関係なく、子どもたちは汗ばみながらも日々いろいろな遊びを楽しんでいます。室内では保育士と一緒にダンスをしたり、マットや跳び箱で体を動かして遊んでいます。そして、梅雨の合間の晴れた日は、戸外で砂場や大型遊具などそれぞれに好きな活動をしたり、みんなで園庭の端から端までかけっこをして思いっきり体を動かして遊んでいます。雨上がりの庭ではかわいいお客さんも出てきます。「あ!かえる」と指を指して喜んだり、捕まえようと追いかける子もいれば、近くで様子を見ている子も・・・。いろいろな子どもたちの姿が見られて面白いですね。久しぶりの戸外活動は子どもたちも楽しそうで、活き活きとした笑顔がたくさん見られます。いっぱい遊んだ日は子どもたちも疲れるようで、いつもより早く眠りについてしまいます。これからもまだ雨が多い季節ですが、晴れ間をぬって戸外で遊んだり、楽しい活動を考えていきたいと思います。また、気候の変化が激しいので、室温や湿度の調整や衣服の調節などをしながら、体調管理に気を付けながら元気に過ごしていきたいと思います。

次は平澤先生です。お楽しみに!

2020-7-1.JPG2020-7-2.JPG