ホーム > スタッフの玉手箱 > らっこ組 平澤  水に触れて

らっこ組 平澤  水に触れて

 先週の水曜日、今年度初めての水遊びをしました。お友だちの中には初めての水遊びになった子もいるのではないでしょうか?タライに少し水を張ってテラスに準備すると、何だろうという様子で、窓越しに見ている子どもたち。窓をトントンと叩いて、用意する保育士を呼ぶ姿もありました。「らっこ組さん。どうぞ。」と保育士が声を掛けると、一目散にハイハイでタライに向かって手を入れる子、様子を伺いながら進み、そーっと覗き込む子。みんなそれぞれ、興味津々で近づいていきました。慣れてくると両手を入れてバシャバシャし、顔にかかっても平気な様子。身を乗り出してもっと触れようとする活発な姿に微笑ましく思います。梅雨空でしたがムシムシとした気候だったので、気持ちよく水に触れることが出来ました。

 手をグーパーしたり、バイバイが出来るようになったり、たくさんの玩具に触れたくて手を伸ばす子どもたち。ますます感触遊びが楽しくなりますね。子どもたちの興味や発達を考え、手や足など、体を使った運動遊びもたくさん取り入れていきたいとおもいます。

 また、これからますます暑くなりますが、衣服、室温、湿度等の調節をし、水分をこまめに取りながら、体調管理に気を付けて、元気いっぱい過ごしていきます。

 次は大貫先生です。お楽しみに!!

IMG_0679.JPGIMG_0674.JPG