ホーム > スタッフの玉手箱 > 荻原 避難訓練

荻原 避難訓練

 9月1日は、防災の日です。

 保育園では、毎月、地震・火災・風水害・不審者など様々な避難訓練を実施しています。

 近年、日本でも様々な自然災害が起こっています。いつ災害が起こっても、子どもたちがどうやって避難すればよいのかを毎月行うことで、確認でき、身についていきます。

 8月に行った避難訓練は、地震の後に火災が起こるということで行いました。子どもたちは、放送が入り、先生方の一声で、机の下や真ん中に集まります。次の放送で火災が発生したと分かると、幼児組は防災頭巾を自分のロッカーから取りかぶります。遊び着の中にあるハンカチを取り出し、煙を吸わないよう、口を押えていました。0.1.2歳児のお友だちは、帽子をかぶり、先生について避難します。

 放送や先生の一言で、自分たちで行動できる子どもたちは、素晴らしいです。あっては困る自然災害ですが、もしもの時のために、真剣に取り組み、自分の身を守ろうとする行動は、私たちにとってなくてはならないことなのだと、改めて感じました。

 お家でも、もしもの時どうするかをお子さんと一緒に話をしてみてはいかがでしょうか?

IMG_4722.jpg IMG_4726.jpg IMG_4728.jpg

 次回は、清水先生です。お楽しみに!!